ドイツ語を使う国を教えて!ドイツ語圏の3つの国を紹介。

ドイツ語を使う国を教えて

今回はドイツ語圏の国と呼ばれる、ドイツ・オーストリア・スイスの3カ国を紹介しよう。

この3国は経済的に豊かで福祉先進国としても有名だ。近年では日本人の移住先としても注目が高まっている。この記事では、おもにその国で使われるドイツ語にフォーカスしながら、この3国を紹介したいと思う。

なお、著者はドイツの首都ベルリンに10年ほど住んでいる。
また、妻がオーストリア出身なので、毎年クリスマスの時期にはオーストリアは訪問している。

*このサイトは個人が運営するドイツ語学習サイトです。移住を斡旋するような業者とは一切関わりはありません。またこの記事にはビザに関する記述もありますが、当サイトではビザの取得に関しては一切の責任を持ちません。移住を検討している方は、各国の大使館のウェブサイトなどで充分なリサーチを行ってください。

ドイツ語圏の国

ドイツ語を公用語とする国は、ドイツ・オーストリア・スイス・ルクセンブルグ・リヒテンシュタイン・ベルギーの6カ国だが、一般的に”ドイツ語圏の国”という場合は、ドイツ・オーストリア・スイスの3国を指す。

この3国はヨーロッパと呼ばれる地域に位置する。ヨーロッパは西欧文化の発祥の地と言われ、面積はさほど大きくないものの数百年に渡って世界の経済や文化をリードしてきた。

ドイツ

まずはドイツから見ていこう。

出典:wikipedia

ドイツの基本情報

正式名称ドイツ連邦共和国
首都ベルリン
人口8300万人
面積36万平方km
公用語ドイツ語

ドイツの概要

ドイツはヨーロッパのほぼ中心に位置する国で、フランスと並んで欧州連合のリーダーと呼べる存在。
GDP(国民総生産)は日本に次ぐ4位で、高い生活水準と充実した社会保障を合わせ持つ先進国だ。
ドイツは国の面積や人口の規模が比較的近く、ともに工業立国という共通点から日本の比較対象にされることも多い。

ドイツで使われるドイツ語

ドイツ語にも他の言語と同じように地域ごとの方言がある。
ドイツ語学校で習うような標準のドイツ語を話す地域は少なく、首都のベルリンでさえ標準のドイツ語が使われている訳ではない。ちなみにドイツの北部に位置するハノーファーで使われているドイツ語が、もっとも標準的なドイツ語に近いとされている。

ドイツの南に位置するバイエルン州やオーストリアで使われているドイツ語はバイエルン・オーストリア語とも呼ばれ、発音だけでなく語彙も大きく異なる。この地域で使われているドイツ語は、方言というよりも別のドイツ語だと考えたほうがいいだろう。

また、ベルリンやハンブルグなど外国人や外国人二世が多い都市では、その人達の母国語に影響を受けた訛りやアクセントがあるので発音や語彙の多様性はさらに広がる。

移住先としてのドイツ

安定した経済と充実した社会保障を持つドイツは移住先として魅力的な国だ。
ビザの取得に関しては、アメリカやオーストラリアなどと較べれば簡単だ。
また、ワ-キングホリデー制度もあるので、1年間試しに住んでみることもできる。

国民性について日本と似ているとよく書かれるが、基本的にまったく似てないと著者は考えている。個人主義の考えが浸透しており、自分の意見をはっきりと主張できることが何よりも尊重される。また、接客においては日本のように「客の立場が上」という文化は無い。

オーストリア

次にオーストリアを見てみよう。

出典:wikipedia

オーストリアの基本情報

正式名称オーストリア共和国
首都ウィーン
人口880万人
面積8万平方km
公用語ドイツ語

オーストリアの概要

オーストリアはドイツの南に位置する小さな国。面積も人口もドイツのおよそ10分の1だ。しかし、20世紀の初めまでは広い国土面積を持つ、ヨーロッパの5強国のひとつだった。

ウィーン・ザルツブルグなど世界的に有名な観光地を有し、経済的には世界でトップ10に入る裕福な国である。国土の西のほうはアルプス山脈に位置し、スイスとともにスキー大国でもある。また、オーストリアはモーツァルトの出身地でクラシックでも有名だ。

オーストリアで使われるドイツ語

オーストリアで使われている言語はドイツ語だが、別の言語「オーストリア語」と考えたほうがいいかもしれない。文法はドイツ語であるものの発音は大きく異なる。特にアの音がオの音になったりと母音の音の違いが大きく、母音を重視する日本語の話者にとってはまったく違う言語に聞こえる。

なお、オーストリアでドイツ語学校に通う場合は、標準のドイツ語を習うことになる。

移住先としてのオーストリア

オーストリアは経済的に豊かな国で賃金も日本より高い
労働環境も良く、例としてオーストリアではクリスマスにボーナスを与えることが法律により義務付けられている。

ビザの面ではドイツとほぼ同様それほど難しくはない。
2016年より日本とのワーキングホリデー協定国になっているうえに、日本人であればビザが無くとも6ヶ月滞在することができる。

オーストリア人の多くはドイツ人と同じゲルマン民族の出身だ。国民性もやはりドイツ人と近い。しかし、オーストリアはカトリックの国で家族関係や仕事などでキリスト教の価値観がドイツよりも色濃く見られる。

オーストリアへ移住するという場合、多くの日本人は首都であるウィーンに住むこととなると思うが、都会に住む人はドライなのであまり本来のオーストリア人の国民性は感じないかもしれない。

スイス

最後にスイスを見ていこう。

出典:wikipedia

スイスの基本情報

正式名称スイス連邦
首都ベルン
人口800万人
面積4万平方km
公用語ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語

スイスの概要

スイスはアルプス山脈に囲まれた小さな国だが、世界でもっとも裕福な国、また物価が高い国として有名だ。チューリッヒ・ジュネーブ・ローザンヌなど有名な都市を抱え、国際機関の本部も多く置かれている。スイスは永世中立国であり、EUには加盟していない

日本では「アルプスの少女ハイジ」の舞台として有名。
ちなみにこのアニメはドイツ語圏の国でも放送されている。

スイスで使われるドイツ語

スイスには、ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語の4つの公用語がある。ドイツ語を話す人の割合は60%以上で、4つの言語の中でもっとも多い。

しかし、スイスで話されているドイツ語は、スイスドイツ語と呼ばれ、標準ドイツ語とは別の言語だと考えるべき。
標準ドイツ語とスイスドイツ語の違いは、ドイツ語を母国語とするドイツ人ですら理解するのが困難なレベル。

著者もスイスドイツ語の動画などを見ても何を言ってるのかさっぱりわからない。

現地のドイツ語学校では標準のドイツ語を習うので、スイスドイツ語は生活の中で身につけていくしかない。
また、大都市では英語が通じると言われているが、あまりそうでも無いようだ。

移住先としてのスイス

裕福で自然が豊かなスイスはとても魅力的に見えるが、スイスはビザの取得条件が厳しく、また住居探しもスイス在住の保証人が必要となるので、海外赴任のケースを除き移住するのは難しい。

ドイツ語体験コース

この記事を気に入ったら、他の記事も読んでいって欲しい!

第1回 ドイツ語ってどんな言葉?言語ランキングで見るドイツ語

第2回 ドイツ語を使う国を教えて!ドイツ語圏の3つの国を紹介。

第3回 英語との違いは?ドイツ語の特徴を理解しよう!

第4回 ドイツ語の魅力を知る!小説や映画の中のドイツ語!

第5回 第二外国語にドイツ語を選ぶのはアリ!?実は本命である5つの理由。