ドイツ語はどのくらい難しい?習得に必要な期間は?

ドイツ語はどのくらい難しい?

この記事ではドイツ語の難易度と習得に必要な期間について、様々なデータと自分の経験を元に記事にまとめてみた。

「ドイツ語は他の言語と比較して難しいのか?」
「ドイツ語の習得にどれくらいの時間が掛かるのか?」

といった疑問を抱えている人にとってタメになる記事となっている。

では、見ていこう!

ドイツ語の難易度

まずは、ドイツ語の難易度を他の言語と比較しながら考えていこう。

言語の難易度ランキング

まずは世界の言語の難易度ランキングを参考にしながら、ドイツ語がどのくらい難しいのか客観的に考えてみよう。

言語の難易度ランキングは数多くあり、ランキングによって順位も大きく違う。ここでは国際的な機関であるUNESCOが発表した、言語の難易度ランキングを取り上げた。

ランキングは以下の通りだ!

  • 1位 中国語
  • 2位 ギリシャ語
  • 3位 アラビア語
  • 4位 アイスランド語
  • 5位 日本語
  • 6位 フィンランド語
  • 7位 ドイツ語
  • 8位 ノルウェー語
  • 9位 デンマーク語
  • 10位 フランス語

ランキングの上位には、日本語・中国語・アラビア語など、欧米の言語からかけ離れていて、固有の文字を使用する言語がランクインしている。見慣れないアルファベットを使用するのは、言語を学習するうえで大きなハードルとなるようだ。

ヨーロッパ系の言語に絞って見てみると、あまり使用者の多くなさそうな言語が目立つ。その中でドイツ語は比較的メジャーでありながら7位にランクインしていることから、ドイツ語はやはり難しい言語なのだろう

母国語による難易度の違い

外国語の習得の難しさ、その人の母国語によって大きく異なる。

欧米の人たちから見れば日本語や中国語は難しく、日本人や中国人から見ればヨーロッパ系の言語は難しい。文法や語彙に共通する点が少ないために、馴染むのに時間が掛かるのがおもな理由だろう。

ドイツ語と親戚関係にある言語といえば、英語やオランダ語。ドイツ語学校で同級生だったオランダ人は「ドイツ語はオランダ語と似てるので簡単」と言いながら、ガンガン飛び級していた。

言語を習得する年齢

言語の学習が成功するかどうかは、習い始めた年齢が大きく関係してくる。

周りを見渡してみると、ドイツに外国人として移住してきて、ドイツ語をネイティブと呼べるレベルまで習得している人は、遅くとも15歳までにドイツに移り住んで来ている。

15歳より後にドイツに移り住んで来た場合、ネイティブレベルまで到達できる可能性は一気に低くなる。ただ、何歳から勉強を始めたとしても、上級レベルであるC1・C2のレベルまでは、本人の努力や心がけ次第でいけるはず!

言語の習得と年齢の関係については、この記事では掘り下げないので、興味のある人は「臨界期仮説」などのキーワードで調べてみてほしい。

ドイツ語の難しいポイント

次にドイツ語のどういった部分が難しいのか掘り下げて考えてみたい。

ドイツ語の文法

ドイツ語の文法は難しく、理解して使いこなせるようになるまでに相当な時間が必要だ。ただし、上級レベルまで行けば、新しく覚えなければいけないことは少ない。

ドイツ語の語彙

ドイツ語の単語は使い回しが効くパターンが多い。
また英語と似通った語彙が多い。

ただし、名詞を例に挙げると3種類の性別があり、それを覚えないと正しい文章は作れないし、動詞を例に言うなら特定の前置詞と結びついて、新しい意味をもつ場合がある。つまり、ひとつの単語に対して覚えなければならない情報量が多い。

発音や聴き取り

ドイツ語は発音の部分では、ヨーロッパの言語の中で難しい部類には入らないだろう。特にライバルであるフランス語と比較すると発音は簡単!

とは言えども、日本人にとって難関のLとR、BとWの音の違いや、ドイツ語特有のウムラウトの音については充分なトレーニングが必要だ!

その他の難しいポイント

  • 教材や学校の少なさ(日本に住んでいる場合)
  • 会話のパートナーの見つけづらさ
  • 地域による方言と訛り
  • 学校で習うドイツ語とネイティブが話すドイツ語の乖離
  • ネイティブの話すスピード

総合的に考えると

ドイツ語は最初のうちは覚えることが多く大変だが、それを乗り越えれればそれほど学習のハードルは高くない言語だと言える。

習得に必要な期間

次にドイツ語の習得に必要となる学習時間について考えてみよう。

学習時間の目安

ドイツ政府が設立したドイツ語の公的機関Goethe-Institutが、レベルごとに必要となる学習時間の目安を公表している。その時間を表にまとめた。

レベル授業時間目安
A180-200簡単な文であれば理解・使用することができる。
A2200-350よく使われる表現なら理解できる。
B1350-650日常会話レベル。
B2600-800ドイツ語を使って仕事をするなら最低限のレベル。
複雑な文章や抽象的な表現も理解することができる。
母国語話者とスムーズに相互理解することが可能。
C1800-1000大学入学に必要となるレベル。
学術的な文章を理解して、充分な語彙を用いて流暢に話すことができる。
C2最低1000準ネイティブレベル。
ほとんどの文章を読む・聞きとる事ができる。それらをまとめる事ができる。準備をせずとも、正確に自分の考えを表現する事ができる。

*表の数字は、授業時間(Unterrichtsstunde)を単位としているので注意が必要。1つの授業時間は「45分」とされている。

授業時間の感覚が掴みにくいと思うので例を挙げると、

  • 全日制のドイツ語学校でA1からC1までの授業をすべて受けた場合

    1日4授業 × 週5日 × 40週間 = 800授業時間

Goethe-Institutが提唱する800-1000と同じくらいの時間になる。

なお、この計算は同じレベルのコースを2度受講しなかった場合の計算だが、この通りに自分のドイツ語能力を向上させれる人は日本語を母国語とする人の間ではかなりまれで、多くの人は同じレベルのコースを復習したりしながら時間を掛けて習得していく。

  • 週に1回だけ90分の授業を受けた場合、C1まで到達するのに何年掛かるか?

    800 ÷ (2 × 50) = 8年  

    この場合C1に到達するまで8年間掛かる計算となる。

週1・2回のドイツ語コースでは、仕事で使えるようなドイツ語能力に到達するには、長い時間が掛かってしまう。短期間で語学を習得したいならば、数ヶ月でもドイツ語圏の国に住んで、全日制のドイツ語学校に通うのをオススメする。

ちなみに英語能力にそれなりの自信がある人であっても、ドイツ語の習得に掛かる時間はそれほど変わらないと思う。

まとめるとドイツ語の習得に必要となる期間は、日常会話レベルのB1まで6ヶ月。大学に進学できるC1までは1年は最速でも必要になると考えよう!

ドイツ語体験コース

この記事を気に入ったら、他の記事も読んでいって欲しい!

第1回 ドイツ語ってどんな言葉?言語ランキングで見るドイツ語

第2回 ドイツ語を使う国を教えて!ドイツ語圏の3つの国を紹介。

第3回 英語との違いは?ドイツ語の特徴を理解しよう!

第4回 ドイツ語はどのくらい難しい?習得に必要な期間は?

第5回 初めてのドイツ語体験!動画や文章でドイツ語に触れる!

第6回 第二外国語にドイツ語を選ぶのはアリ!?実は本命である5つの理由。