ドイツ語で話そう!出会いと自己紹介のフレーズ。

挨拶と自己紹介

今回はドイツ語の出会いの挨拶と自己紹介の仕方を習っていこう。

出会いの挨拶と自己紹介はどの言語でも基本中だね。自信を持って言えるように何度も練習しておこう!しっかり覚えておけば、いつドイツ語を使うことになっても安心だ。

今回は文法についてはあまり説明しないので、フレーズをそのまま覚えてしまおう!

ドイツ語の挨拶

まずはドイツ語での基本的な挨拶を習っていこう。

出会いの挨拶

ドイツ語の挨拶は、日本語や英語と同様に時間帯によって使い分ける。

Guten Morgen. グーテン・モルゲン
おはようございます。

親しい人が相手の時は、「Morgen.」だけでもOK。

Guten Tag. グーテン・ターク
こんにちは。
Guten Abend. グーテン・アーベント
こんばんわ。

歓迎の意を伝える

出会えてうれしいということを相手に伝えよう。
こういった表現は、会った直後にも少し話しを下あとでも使えるぞ。

Ich freue mich darauf, Sie kennenzulernen.
イッヒ・フロイエ・ミッヒ・ダラオフ・ジー・ケネンツーリャーネン
お会いできてうれしいです。

上の文が長くて覚えるのがキツい、もしくは言いづらいという場合は、以下の文でもオッケーだ。

Schön, Sie kennenzulernen.
シューン・ジー・ケネンツーリャーネン

別れの挨拶

別れの挨拶も覚えて、好印象を残そう!

Auf Wiedersehen. アオフ・ビーダーゼーヘン
さようなら。
Tschüss. チュース
またね。

Tschüss“は”Auf Wiedersehen“よりもカジュアルに使える表現だ。
まずはこれを覚えることをおすすめする。

次にいつ会うか分かっている時は、「~まで」という意味のbisと次に会う日付や曜日を組み合わせて文にできるぞ。

Bis bald.ビス・バルト
またね。
Bis gleich. ビス・グライヒ  
また後で。

Bis Morgen. ビス・モルゲン 
また明日。

Bis Montag. ビス・モンターク 
また月曜日に。

自己紹介をしてみよう

次にドイツ語で自己紹介をしてみよう。

まずは名前から

Mein Name ist Taro Yamada. 
マイン・ナーメ・イスト・タロー・ヤマダ
わたしの名前は山田太郎です。

これは英語の「My name is Taro Yamada.」に似ているので馴染みやすいだろう。

Nameの先頭が大文字になっているがこれは間違いではない。
ドイツ語ではすべての名詞を大文字で書き始めるのがルールだ。

ドイツでは名前を名乗るときに英語と同様に、名前(Vorname フォアナーメ)、苗字(Nachname ナーハナーメ)という順番で言うのが一般的だ。

自分の国籍を伝えよう

Ich bin Japaner. イッヒ・ビン・ヤパーナー
わたしは日本人です。

ドイツ語では「J」の音はヤ行の音になるので、「 Japaner 」は「ジャパーナー」ではなく「ヤパーナー」と発音しよう。

Ich bin Deutscher.  イッヒ・ビン・ドイチャー
わたしはドイツ人です。

自分の仕事を紹介しよう

名前や国籍の次は自分の仕事について話そう。

Ich arbeite als Lehrer/Lehrerin. 
イッヒ・アーバイテ・アルツ・レーラー/レーレリン 
私は教師です。

直訳すると「私は教師として働いています。」となる。

Lehrer/Lehrerin”としてあるのは、男性であれば Lehrer、女性であれば Lehrerinを使うということだ。
ドイツ語では、人や物の性別によって単語そのものが変わってくる。

ドイツ語の職業名について知りたいという人はこちらの記事を読もう。

まとめ
  1. ドイツ語の挨拶も日本語や英語と同様に時間帯によって使い分ける。
  2. ドイツ語では、職業名を男性と女性で使い分ける。
  3. 自分の使いやすい挨拶フレーズをあらかじめ見つけておこう。