初級から上級まで使える。オススメのドイツ語辞書!

オススメのドイツ語辞書

この記事ではオススメのドイツ語辞書を厳選して紹介するぞ!

著者はドイツ語の勉強を最初に始めてから10年いままでに数冊のドイツ語辞書を使用してきた。
今回そんな僕がオススメの独和辞典を3冊厳選した。どれも人気の定番辞書であり、クオリティについては折り紙付きだ。

では、見ていこう!

辞書を比較する際のポイント

まずはドイツ語辞書を選ぶ際に比較すべきポイントをおさらいしよう。

  • 単語の探しやすさ
  • 文字の読みやすさ
  • 単語の説明と用例
  • 収録語数
  • 持ち運びやすさ

もし中古でドイツ語の辞書を買おうと思う人は、上記のポイントに加えて辞書が新正書法(2006年の8月より施行)に対応しているかを確認しよう。

紙の辞書の利点

最近では、電子辞書やスマートフォンのアプリを使うという人も増えてきたけど、本気でドイツ語の勉強に取り組むなら、紙の辞書は1冊は持っておきたいところだ。

紙の辞書の優れた点は以下の通り。

  • 紙の辞書では、関連する単語もひと目で分かる。
  • 電子辞書やアプリでは、用法や使用例を確認するのが難しい。
  • 普通に読むことも出来る。

特にドイツ語の辞書に関しては、単語の日本語訳が分かればそれでOKと言う訳ではない。

ドイツ語の単語、特に動詞には特定の格と結びつく場合や特定の前置詞と結びつく場合があり、それらは学習の出来るだけ早い段階で身につけておいたほうがいい

オススメのドイツ語辞書3選

では、僕が自信を持ってオススメできる3冊のドイツ語辞書を紹介しよう。

アクセス独和辞典

アクセス独和辞典 第3版

価格: ¥4,510
掲載単語数: 73500語

収録語数 ★★★★★
持ち運び度 ★★★
オススメ度 ★★★★

ドイツ語辞書のベストセラー「アクセス独和辞典」。
やはり大定番というだけあって、単語の探しやすさや見やすさなど押さえておくべきポイントはすべて押さえている。また、73500語収録という圧倒的なボリュームも魅力だ。

ドイツ語辞書ならではの工夫もしっかりと施されている。動詞はどの格や要素と結びつくか書かれており、単語について知っておくべき事柄は見やすく網羅されている。また、名詞や動詞の変化形も見出しとして収録されており、これは初心者にはありがたい工夫だ。

また、中級から上級にかけてキモとなってくる単語の定形表現も逃さず収録しているので、「ある程度のレベルまで来たら辞書を買い換える」ということも必要ない

また、個人的な一押しポイントは日本のドイツ語学習の頂点に立つ”在間進先生”によって編集されている点だ。この人は数々のドイツ語参考書の執筆も行っており、ドイツ語学習者が悩む点や必要とする情報をとてもよく理解している。これらが反映されている事で、アクセスは一歩進んだ使いやすさを実現しているのだ!

クラウン独和辞典

クラウン独和辞典 第5版 CD付き

価格: ¥4,620
掲載単語数: 64000語

収録語数 ★★★★
持ち運び度 ★★★★
オススメ度 ★★★★

続いて、アクセス独和辞典と肩を並べる人気の「クラウン独和辞典」。
この辞書も長い間、信頼を集めているだけあって、使いやすさと内容の充実度はトップクラス

ドイツ語学習に重要な、動詞の変化形やその用例についてはもちろん充実している。特にこの辞書では複合語の紹介が丁寧にされており、これは語彙数が物を言う中級・上級の学習者には嬉しい工夫だ!

この辞書の最大の特徴はCDが付いており、発音を確認できる点だろう。ドイツ語の発音は発音表記だけで充分に表せるものでは無いので、やはりCDが付いているのは助かる

収録されている語彙はアクセス独和辞典より少ないが、中級レベルまでは気にせず使い続けることができるので、あまり気にしなくてもいいだろう。

クラウン独和辞典 公式アプリ

クラウン独和辞典には、Android・iPhone向けのアプリ版も存在する。

重い辞書は持ち歩きたくない!でも、いつでも単語は調べれるようにしておきたい!」という人にはこちらのスマホ辞書がオススメだ!

ブックマークやメモといったスマホならではの機能も備えており、ちょっとしたスキマ時間を有効に活用してドイツ語の学習が出来る。

なお、値段は書籍版よりも若干安くなっている。

アポロン独和辞典

アポロン独和辞典

価格: ¥4,620
掲載単語数: 64000語

収録語数 ★★★
持ち運び度 ★★★★★
オススメ度 ★★★★★

そして、最後に紹介するのは「アポロン独和辞典」。
今回紹介した3冊の中で僕がもっとも長い期間使用している辞書。今も机の上に置いている。

この辞書、アクセスやクラウンに比べると収録語数は若干少ないのだが、不思議と上級まで勉強しても語彙の不足を感じたことは無い。おそらく単語が充分に考慮された上でセレクトされており、実用に必要な単語を漏れなく収録しているタメだろう。単語に関する解説や用例については、他の2冊と比べてシンプルにまとめられているが、その分見やすい印象がある。

アポロンの最大の長所は、持ち運びに優れたサイズと美しい装丁だ!ドイツ語学校に行くときは必ずこの辞書を持って行っていたが邪魔に感じることは一度も無かった!

そして、もうひとつこの辞書のいい点は、「ドイツ・ミニ情報」と題されたコラムだ。これは本当に読んでて飽きなかったし、ドイツ語へのモチベーションを高めてくれたと思う。

オススメのドイツ語辞書|まとめ

最後に、「結局どれを選べばいいの?」と思っている人のために自分のオススメをまとめておこう。

家で使うのが中心
⇨ アクセス独和辞典

発音をCDで確認したい
⇨ クラウン独和辞典

しょっちゅう持ち運びをする
⇨ アポロン独和辞典

という感じで選ぶのがオススメ。

しかし、やはり一番決め手になるのはフィーリング!装丁や中身を試し読みしてみて、一番気に入ったものを選ぶのが間違いないと思う。

なお、お金に余裕が無い人は、古本屋で探してみるのもアリだと思う。
その場合は、その辞書が新正書法に対応しているかだけは確かめよう!