歌で覚える!ドイツ語のアルファベット30文字。

ドイツ語のアルファベット

今回はドイツ語のアルファベットを覚えていこう。

ドイツ語ではAからZまでの26文字のアルファベットにドイツ語特有の4文字を加えた計30文字を使用するぞ。

30文字の発音を習ったら、ドイツ語のアルファベットの歌を聞いて頭に染み込ませよう。

ドイツ語のアルファベット

基本のアルファベット26文字

まずは英語でも使われる26文字を見ていこう。
英語とは読みが異なる。声に出して読んでドイツ語の音に慣れよう。

AaアーB bベー
CcツェーDdデー
EeエーFfエフ
GgゲーHhハー
IiイーJjヨット
KkカーLlエル
MmエムNnエン
OoオーPpペー
QqクーRrエル
SsエスTtテー
UuウーVvファオ
WwヴェーXxイクス
YyイプスィロンZzツェット

ドイツ語のアルファベットは基本的にローマ字読みそのままとなる。
以下のポイントに注意しておこう。

  1. LRはどちらもエルとなるが、Rの音は巻き舌で「グルル…」という獣のような音になる。この2つのアルファベットはカタカナに当てはめると、ラ行の音となるが、ドイツ人にとってはまったく別の音なので違いがわかるようになろう。
  2. BWも似ているが発音は異なる。Wは上の歯を下唇につけて息を吐き出すのともに発音する。
  3. 英語のアルファベットに慣れている場合、AとEとIがとにかく頭の中でごちゃごちゃになりやすい。文字を見ながらドイツ語の発音を染みつけよう。

ウムラウトとエスツェット

次にドイツ語特有の4文字を見ていこう。

Ääアー・ウムラウトae
Ööオー・ウムラウトoe
Üüウー・ウムラウトue
ßßエス・ツェットss

ウムラウトと呼ばれる3つの音はそれぞれA・O・Uのバリエーションである。
エスツェットはSを2つ並べるドイツ語特有の音をあらわす。

なお、キーボードでウムラウトが入力できない場合は、右の列に載せたアルファベットの組み合わせで代用することができる。

筆記体のアルファベット

パソコンが普及した現在では見かけることはほぼ無くなったが、ドイツ語の文章も筆記体で書かれることがある。

出典:Übersicht aller Buchstaben (Wikipedia)

オーディオで確認しよう

次にオーディオファイルで実際の音を聞いてみよう。

Wikipedia,Die freie Enzyklopädie | Deutsches Alphabet より引用

アルファベットの歌を紹介

アルファベットは歌を使って覚えるといい。
リズムが加わると自然と脳に記憶しやすくなるからね。

YouTubeの中からちょうどいい感じの曲をピックアップしたので、何回も聞いてドイツ語の発音に早く馴染もう。

Das deutsche Alphabet-Lied (German Alphabet Song)
– Learn German easily

ABC Lied für Kinder und Kleinkinder zum lernen und mitsingen aus Magnetbuchstaben (deutsch)

まとめ
  1. ドイツ語では3つのウムラウトとエスツェットを加えた30文字のアルファベットを使う。
  2. LとR、BとWなどきちんと音を聞き分けれる、使い分けれるように練習していこう。
  3. まずはアルファベットの歌を聞きまくろう。