ドイツ語の指示代名詞を整理!dieser・derselbe・derjenigeなど。

ドイツ語の指示代名詞

今回はドイツ語の指示代名詞について勉強していこう。

ドイツ語文法の中で、derjenigeやderselbeなどの指示代名詞はあまり目立たない存在。
文章の中で見かけることはあっても、しっかりと意味を確認したことのある人は少ないのではないだろうか?

指示代名詞とは?

指示代名詞 Demonstrativpronomen(hinweisendes Fürwortとも)

人や物・場所・方角などを指し示す代名詞。
特に複数ある選択肢の中から、ひとつを選ぶときに使われることが多い。
日本語でいうと「その」「あの」などがそれにあたる。

ドイツ語には以下の5種類の指示代名詞がある。

  1. der, die, das
  2. dieser, jener
  3. derjenige, diejenige
  4. derselbe, dieselbe
  5. selbst / selber

der, die, das

定冠詞としておなじみのder, die, dasは指示代名詞としても使われる。
指示代名詞として使われる際は、「それ!」という意味を強調するために使われる。

指示代名詞der, die, dasの活用

der, die, dasを指示代名詞として使う場合は、通常の定冠詞とは違った活用をする。

1格2格3格4格
男性名詞derdessendemden
女性名詞diederenderdie
中性名詞dasdessendemdas
複数形diederen/dererdenendie

太線で強調したのが、定冠詞の変化とは異なる部分だ。

指示代名詞der, die, dasの例文

指示代名詞としてのder, die, dasの使い方を例文とともに確認しよう。

Das habe ich von meinen Freunden gehört.
それは僕の彼女から聞いたよ。 
Dem habe ich meine Meinung gesagt.
彼にわたしの意見を言ったの!

この場合は「Ich habe ihm meine Meinung gesagt.」と普通に言うよりも、相手を見下すような言い方となる。

deren/dererを使った例文

derenはdererは違った使い方をするので別に例文とともに確認しよう。

Ich war mit meinen Schulfreunden und deren Eltern essen. 
私は学校の友だちとその両親とともに食事をした。

この文ではderenは’meine Schulfreunden’の部分を代替している。

次に dererの例文を見てみよう。
dererでは、代替する名詞がdererよりも後に登場する。

Das Wissen derer, die nur den Grundkurs besucht haben, ist gering. 
初級コースのみに参加した者の知識はわずかだ。

この文ではdererは’die nur den Grundkurs besucht haben’の部分を代替している。

前置詞と一緒に使うパターン

指示代名詞は前置詞とともに使われることもある。

An den habe ich gedacht.
彼のことを思い出したよ。
Mit denen möchte ich keinen Kontakt haben.
彼らはとは連絡を取りたくはない。

なお、esとdasの使い分けについてはこちらの記事で詳しく説明している、ぜひ読んでみてほしい!

dieser, jener

dieser, jenerは英語のthis, thatに近い表現だが、thisやthatのように頻繁には使われない。ドイツ語では、「この~」と言いたいときはdasを使用する。

dieser, jenerの活用

dieserの活用を表を使って確認しよう。jenerも同様の活用をする。

1格2格3格4格
男性名詞dieserdiesesdiesemdiesen
女性名詞diesedieserdieserdiese
中性名詞dies(es)diesesdiesemdies(es)
複数形diesedieserdiesendiese

dieser, jenerの使い方

dieser, jenerは名詞の直前で使うか、文で登場した名詞を代替する役割で使われる。

Welches Menü möchten Sie haben? Dieses möchte ich, bitte. 
どのコースがいいですか?これをお願いします。
Jener Arzt hat mir im Krankenhaus sehr geholfen. 
あの医者には病院で本当に助けられた。

dieserとjenerをひとつの文で同時に使うと、「前者は~で、後者は~」という比較の文を作ることができる。

Diese Aufgabe finde ich sehr einfach, jene finde ich schwer. 
この課題はすごく簡単だが、あれは難しいと思った。

なお、diesはdiesesを短縮したフォームだ。

derjenige

derjenigeは人物の名詞のまえに置かれ「その」という意味で使われる。

derjenigeはひとつの単語として書かれるが、定冠詞+jenigeの2つのパートから構成される。代替する名詞の性別と格によって、diejenige・demjenigeなどに変化する。

Mein Vater war derjenige, der den Streit angefangen hat.
喧嘩を始めた人がわたしの父だ。

derselbe

derselbeは”同一の”、”同じようなもの”といった意味を持つ単語。
このderselbeもderjenigeと同様に、定冠詞+selbeの2つのパートから構成される。

Die Farbe ist dieselbe, die ich bestellt habe. 
この色は私が注文したものと同じだ。

die selbe Personなどと、selbeをひとつの形容詞として扱うこともできる。

selbst / selber

selbstは副詞のように使われるが実際は、自分自身という意味を持つ指示代名詞だ。

selbstとselberは同義語として使われる。selberのほうがカジュアルなニュアンスが強い。

selbstを使った例文

Den Kuchen hat sie selbst gebacken.
このケーキは彼女自身で焼いたものだ。
Er hat sich selbst aus der Wohnung ausgeperrt.
彼は自分自身で家から締め出してしまった。

“~すら”の意味で使うパターン

Ich selbst wusste es nicht.
私自身もそれは知らなかった。
Wir machen Fußball, selbst wenn es regnet.
私達は雨が降っていたとしても、サッカーをします。

selbstを使った形容詞

ドイツ語にはselbstbewusstやselbstkritischのようにselbstを使う形容詞は多い。

まとめ
  1. 定冠詞としてなじみの深いder・die・dasは指示代名詞としても使うことができる。その場合、おもに2格の活用が定冠詞とは異なる。
  2. dieser, jenerは英語のthis, thatに近い表現だが、thisやthatのように頻繁には使われない。
  3. derjenigeとderselbeは、derの部分が代替する名詞の性と格によって変化する。