ドイツで人種差別反対デモ。米国の黒人男性死亡事件。

ドイツで人種差別反対デモ

2020年2月25日にアメリカ・ミナポリスで白人の警察官が黒人男性ジョージ・フロイドが拘束中に死亡した事件を受けて、世界各地で”Black Lives Matter”のスローガンと共に人種差別に反対するデモが行われている。ここドイツでも6月6日に各都市で一斉にデモが開催された。

今回はこのデモに関するニュース記事を翻訳して、ドイツでのデモの様子を見ながらドイツ語を勉強しよう!

ドイツでのデモの状況

今回はSüddeutsche Zeitungの記事をピックアップした。

なお、6月6月現在、ドイツではコロナウイルスによる行動制限は完全には解除されておらず、デモが行われる事による感染の拡大を懸念する記事も書かれている。

記事の翻訳

では、記事を読んでいこう。

なお、記事はほぼ一貫して現在形で書かれているが、記事はデモが終了したあとに投稿されたもの。

ドイツ各地でのデモの状況

では、最初の段落から読んでいこう。

In etwa 25 deutschen Städten finden an diesem Samstag sogenannte Silent Demos (stille Demonstrationen) statt. Hintergrund ist der Tod des Afroamerikaners George Floyd am 25. Mai bei einem Polizeieinsatz in der US-Großstadt Minneapolis. Daraufhin kam es zu Protesten und teilweise auch Ausschreitungen in mehreren Städten der USA. In Mannheim recken schwarz gekleidete Teilnehmerinnen mit Mundschutz bei einer Versammlung unter dem Motto “Nein zu Rassismus! Black lives matter” ihre Fäuste in die Höhe.

今週の土曜日にドイツの約25都市でサイレントデモ(無言で抗議の意思を示すデモ)が行われた。背景にあるのは、5月25日にアメリカの大都市ミネアポリスで、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドが警察の作戦中に死亡した事件だ。これをきっかけとして、アメリカのいくつかの都市で抗議行動が起こり暴動に発展した事もあった。マンハイムでは、黒い服に身を包みマスクをつけた参加者が「人種差別反対!黒人の命は大切だ!」のスローガンと共に拳を振り上げた。

ハンブルグのデモ

続いて2つの段落はハンブルグのデモについて書かれている。

“Nein zu Rassismus! – Gemeinsam sind wir stark”, so lautet das Motto in Hamburg. Die Polizei spricht von insgesamt 14 000 Teilnehmern bei zwei fast zeitgleichen Kundgebungen am Jungfernstieg und am Rathausmarkt – erlaubt waren wegen der Corona-Maßnahmen zusammen nur gut 800. Die Hamburger Polizei hatte bereits vor den Demonstrationen ihre Solidarität erklärt. “Wir sind an eurer Seite!”, twitterte sie vor Beginn der Kundgebungen. “Rassismus darf in unserer Gesellschaft keinen Platz haben. Wir arbeiten täglich dafür, dass sich alle Menschen in Hamburg sicher fühlen können.”

「人種差別にノーを!結束が我々を強くする」がハンブルクのデモにおけるスローガンだ。警察の発表によると、ユングフェルンシュタイクとラタウスマークトの2箇所でほぼ同時に開催された集会には計14,000人が参加した。ハンブルク警察は、デモの前にすでに連帯感を示していた。「私達はあなた達の側にいる。」と、集会が始まる前にツイッターで呟いた。「我々の社会に人種差別の居場所は無い。私たちはハンブルクのすべての人が安心して暮らせるように日々努力しています。

Im Anschluss an die friedlichen Kundgebungen in der Hamburger Innenstadt kommt es zu Auseinandersetzungen. Aus einer Gruppe heraus sei Pyrotechnik gezündet worden und es habe einen “massiven Bewurf” von Polizisten gegeben, erklärt eine Sprecherin. Die Polizei setzt daraufhin Wasserwerfer und Reizgas ein. Sechs Beamte seien verletzt worden, heißt es.

ハンブルク中心部での平和的な集会の後には警察官との衝突も起きている。一部のグループにより火薬類が起爆され、警察に対して「激しく投げつけられた」とスポークスマンは説明した。その後、警察は水鉄砲や刺激性ガスを使用した。6人の警官が負傷したようだ。

ベルリンのデモ

続いく3つの段落はベルリンのデモについて書かれている。

Auf dem Berliner Alexanderplatz versammeln sich am Samstagnachmittag nach Polizeiangaben etwa 15 000 Menschen – weit mehr Menschen als von den Veranstaltern erwartet. Sie hatten 1500 Teilnehmer angemeldet.

警察によると、土曜日の午後、ベルリンのアレクサンダー広場には約15,000人が集まった。これは主催者の予想をはるかに上回る人数で、彼らは参加者を1500人と登録していた。

Wie in anderen Städten kleiden sich viele Demonstranten in Berlin dunkel. Auf Plakaten, die vielfach in Englisch verfasst sind, ist zu lesen: “Rassismus ist eine Pandemie”, “Wir können nicht schweigen” und “Keine Gerechtigkeit, kein Frieden” (No justice, no peace).

他の都市と同じように、ベルリンのデモ隊の多くは黒の服装に身を包んでいた。プラカートには、「人種差別はパンデミックだ」「私たちは黙っていない」「平等が無ければ平和も無い」などと英語で書かれてた。

Auch in Berlin kommt es am Rande der Demonstation zu Auseinandersetzungen. Steine und Flaschen werden auf Polizisten und Passanten geworfen, wie eine Polizeisprecherin berichtet. Dabei wird auch ein Pressefotograf von einer Flasche getroffen.

ベルリンでもデモの片隅で警察官との衝突が起きている。警察のスポークスマンによると、石や瓶が警察官や通行人に投げつけられたという。その際には、報道カメラマンの一人にもボトルが当たっている。