【コロナ危機】ドイツにおけるホームオフィス事情

コロナ危機のドイツにおけるホームオフィス

今回はドイツのホームオフィスに関する記事を取り上げながら勉強していこう!

この記事を書いているのは2020の3月26日。ドイツでも新型コロナウイルスの感染者が40000人を越え(3月26日現在)感染拡大は収束に向かう気配がない。外出制限が敷かれ多くの人がホームオフィスやホームスクールを余儀なくされている状況だ。

多くの労働者は始めてホームオフィスを経験する中、様々な肯定・否定の意見が聞かれるようになった。そんな中、ホームオフィスの生産性に関する研究が発表されたので、その記事を翻訳しながら読んでいきたいと思う。

コロナ危機で拡がるホームオフィス

ドイツでは年々ホームオフィスを部分的にまた、全面的に認める企業は増えている。家庭の幸せに重き置く労働者が多いドイツでは、柔軟な働き方を認める会社で働きたい雇用者が多いからだ。

今回の外出規制を機にやむを得ずホーム・オフィスを実施した会社もある。

まずは統計を見てみよう。

出典:de.statista.com

この統計から、多くの人がホームオフィスを望む一方で、技術的な部分で準備が出来ていない人が多い状況がわかるだろう。

ホームオフィスの生産性

今回は翻訳のテーマとして、ホームオフィスの生産性に関する研究結果のニュースを取り上げた。

このニュースは複数のメディアで取り上げられているが、今回はBerliner Zeitungの記事を引用した。

では、記事を翻訳しながら読んでいこう!

ノルウェーの研究者の報告

まずは最初の2段落を読んでみよう。

Das Arbeiten im Homeoffice macht Arbeitnehmer nach Angaben norwegischer Wissenschaftler nicht weniger produktiv. Unter den richtigen Voraussetzungen seien virtuell zusammenarbeitende Teams manchmal sogar effektiver als solche am selben Standort, wurde der Forscher Nils Brede Moe in einem Artikel zitiert, den die unabhängige norwegische Forschungsorganisation Sintef auf ihrer Webseite veröffentlichte.

ノルウェーの研究者によるとホームオフィスでの仕事は労働者の生産性を低下させない。正しい前提項目を満たしているなら、仮想空間で一緒に働くチームは職場で働くチームよりも効率的でさえある。ノルウェーの独立研究機関SINTEFが自身のウェブサイトで、研究者ニルス・ブレーデ・モエの言葉を引用した記事を発表した。

Unter Berufung auf verschiedene aktuelle Sintef-Forschungsarbeiten kommt Moe zu dem Schluss: «Es ist nicht der Fall, dass virtuelle Teams eine geringere Produktivität bedeuten.» Es könne jedoch etwas schwieriger für solche Teams sein, effektiv zu arbeiten. Entscheidend sei unter anderem, dass die Kollegen mit den richtigen Werkzeugen zur Kommunikation während der Arbeit ausgestattet seien, resümiert die Deutsche Presse-Agentur.

SINTEFの最新の研究活動からモエは次の結論に辿り着いた。仮想チームの生産性は劣るというのは実情ではない。しかしながら、仮想チームが効率的に働くのが難しい場合もある。決定的な要因は業務中に使用するコミュニケーションツールが適切かどうかだろうとドイツ通信社に要約した。

unter Berufung auf~を援用して
nicht der Fall sein実情ではない

ホームオフィスの前提条件

次に残りの2つの段落を読んでみよう。
ここではホームオフィスが成功させる前提条件について触れられている。

Es ist unglaublich wichtig, Videokonferenzen zu nutzen und miteinander zu sprechen, anstatt Gedanken und Bedürfnisse einfach nur schriftlich auszutauschen», riet Moe. Treffen per Video sollten deshalb vorgeschrieben sein, wenn man nicht am selben Standort arbeite. Dabei sollten jedoch nicht mehr als elf oder zwölf Kollegen teilnehmen. Zu der richtigen Ausstattung zählten auch hochwertige Headsets, Computer und nicht zuletzt eine verlässliche Internet-Verbindung.

文字で考えや要求を論じ合う代わりに、ビデオ会議を用いてお互いに話し合うことはとても重要だ。職場以外で働くならビデオでの会合を前提とすべきだ。しかしながら、参加者は11人もしくは12人に留めるべきだろう。上質なヘッドセット、コンピューター、信頼できるインターネット接続などが正しい設備と見なされるだろう。

Vom Arbeiten von der Couch aus riet Moe aus gesundheitlichen Gründen ab. Viel besser sei es, etwa für direkte Telefonate aufzustehen und dabei einen kleinen Spaziergang zu unternehmen. Um Misstrauen innerhalb eines Teams vorzubeugen, sollte man seine Kollegen stets mit An- und Abmeldungen informieren, ob man am Arbeitsplatz sei oder nicht. Und noch etwas sei nicht verkehrt, so Sintef-Forscher Moe: Zeit dafür zu reservieren, mit den Kollegen über die Geschehnisse des Tages zu sprechen und darüber, was man neben der Arbeit tue und wie es sich anfühle, den ganzen Tag alleine zu Hause zu sitzen.

モエは健康上の理由からソファでの仕事について忠告する。電話のときに立ち上がり部屋の中を動き回ってみるのがいいだろう。チーム内での不信を妨げるために、仕事中かどうかをサインイン・サインアウトを使って常に知らせるべきだ。同僚とその日に起きた出来事、仕事以外では何をしているか、また、一日中一人で家にいる事をどのように感じるか話す時間を確保する。この優先順位を間違ってはいけないとSINTEFの研究者モエは言う。